セミナーについて

新型コロナウィルス禍において、今後の第2波、第3波が発生する可能性があります。

個人 / 法人においても、一層の感染予防対策が必要となりますが、一方でwithコロナで経済を回していかなければ、企業の倒産や廃業に繋がるケースも出てくる状況となりました。

テレワークの推進や時差出勤など「働く」様式も変化しましたが、 サービス業やどうしてもオフィスがないと業務遂行が難しい業種もあります。 また、様々な感染症対策が存在する中で、費用対効果に基づく意思決定しづらく、 従業員も一丸となって対策を実行し続けることの難しさも明らかになりつつあります。

そこで本ウェビナーでは、「建築環境工学の専門家によるオフィスの感染対策のポイント」を解説して頂きつつ、 総務管理部門担当者にアンケートを実施した結果を元に、 建築と総務のプロがこれからのオフィスの在り方についてディスカッションします。

セミナー概要

セミナー名新生活様式におけるオフィスの感染症対策の現状とこれから
開催日時2020年9月30日(水)15:00~16:30
開催場所Webセミナーでの開催
参加費無料
定員100名
主催株式会社フジサワ

※同業者、競合会社の方はお断りする場合がございますのでご了承ください。

プログラム

第1部 25分

建築研究者が徹底解説!
建築環境工学から考えるオフィスの感染症対策

前橋工科大学 工学部建築学科 / 准教授:三田村 輝章
第2部 50分

〈 パネルディスカッション 〉
(総務部門アンケート調査結果含む)
総務と建築が徹底検証!
総務の現場から聞こえてくるオフィスの現状と対策

前橋工科大学 工学部建築学科 / 准教授:三田村 輝章
月刊総務 / 編集長:豊田 健一
株式会社フジサワ / 代表取締役:藤澤 星

第3部 10分

〈 質疑応答 〉
皆さんの悩んでいるコト、教えて下さい!

前橋工科大学 工学部建築学科 / 准教授:三田村 輝章
月刊総務 / 編集長:豊田 健一
株式会社フジサワ / 代表取締役:藤澤 星

講師紹介

前橋工科大学 工学部建築学科 准教授 三田村 輝章
前橋工科大学 工学部建築学科 准教授
三田村 輝章

東北大学工学部建築学科卒業。
東北大学大学院工学研究科博士後期課程修了、博士(工学)。

横浜国立大学VBL研究員、足利工業大学工学部建築学科 講師・准教授を経て、現職。

専門は建築環境工学、建築設備。建材の調湿性能、温熱環境、室内空気質など、主に建築物の熱・湿気・空気環境の研究に取り組んでいる。

著書に「ぜん息とアトピーが治る家」(共著)
「版築-今甦る、土の建築」(共著)など。

『月刊総務』 編集長 豊田 健一
『月刊総務』 編集長
豊田 健一

早稲田大学政治経済学部卒業。

(株)リクルートで経理、営業、総務、販売会社の管理、(株)魚力で総務課長を経験後、ウィズワークス(株)、(株)月刊総務。

現在、日本で唯一の総務部門向け専門誌『月刊総務』の編集長。

(一社)ファシリティ・オフィスサービス・コンソーシアムの理事や、総務育成大学校の主席講師、All Aboutの「総務・人事/社内コミュニケーション・ガイド」も務める。

株式会社フジサワ 代表取締役 藤澤 星
株式会社フジサワ 代表取締役
藤澤 星

同志社大学工学部物質化学工学科卒業。東京大学大学院新領域創成科学研究科環境学専攻環境システムコース修了。名古屋商科大学大学院総合マネジメントコース(MBA)修了。前橋工科大学大学院環境生命工学専攻環境デザイン工学分野(博士後期課程)在学中。

東京電力株式会社で、主に技術開発研究所での研究/評価業務に従事。株式会社フジサワで専務取締役を8年間務めた後、2019年に代表取締役に就任。フジサワ3代目。

日本建築学会 / エネルギー・資源学会 / 室内環境学会 正会員。
光触媒による空気質改善効果、遮熱塗料による省エネルギー効果などについて研究を実施中。

お問合せ

株式会社フジサワセミナー事務局

担当一倉、松村
TEL050-3138-2630
E-mailvirustop@fujisawacorp.jp